割り切り掲示板

40代熟女~シングルマザーとの割り切り交際

Top / シングルマザーの割り切り


シングルマザーの割り切り

NHKのクロ現でシングルマザーが特集され、生活のために出会い系サイトの掲示板に投稿を繰り返し、相手が見つかると援助交際(割り切り)という名の売春をして、その日暮らしをしている実態がルポされました。やらせはないと思いますが、番組ではぼかしを入れながらもある程度雰囲気が伝わるように、実際に売春をしているとされるシングルマザーにインタビューもしていました。

年齢的には20代後半といった感じの熟女が多く、私が好きな素人の四十路熟女はさすがに見当たりませんでしたが、援交でもこういうエロい素人が抱けるならいいな、と番組を見ていて思いましたね。というのも、出会い系サイト利用歴は長い方ですが、それまで割り切りだけは一度もしたことが無かったからです。

割り切りだと素人というより、セミプロまがいの人が出て来そうで、それじゃ援デリみたいなもので、全く興味がもてなかったからです。その思い込みが、番組を見て変わりました。

1万円で割り切り交際をする

それからは、ちょっと違った目で出会い系サイトの割り切り掲示板に投稿された、熟女の書き込みをチェックするようになりました。生活のために仕方なく体を開くシングルマザーや熟女を想像したら、諧謔的な楽しみも加わって、セミプロであれものすごくエロく感じられるようになったからです。

根が熟女好きなので、こまめに掲示板をチェックして、これはと思える熟女の書き込みにはすぐに割り切り希望のメールを送りつけました。すると非援助とは比較にならないレスポンスのよさにまず驚きくことでしょう。コンタクトが取れたのは40代後半の熟女で、まだ現役だということでした。以前、掲示板で知り合った40代半ばの熟女はすでに閉経していて、正直きつかったので、現役と聞かされて思わず先走り汁が出ちゃいました。

やっぱ、指を当てただけでも自然に吸い込まれていく、あの泉が湧き出したような感触はたまりませんからね。LINEに移って条件交渉をすると、1万でもいいというので、会社が引けるとすぐ待ち合わせ場所の大塚駅前に飛びました。

ぽっちゃりとしてちょっと浅黒な、熟女と言うよりオバサンといった雰囲気の小柄な女性が、目印のこげ茶のパンツスーツ姿で立っていました。今日はこの女とやれるのかと思うと、思わずよだれが出そうでした。この瞬間が出会い系サイトを使った出会いの最高にエロいところです。昭和な感じの残るレトロな商店街を抜け、何度か使ったことのあるラブホに向かう。

エッチをするまでの時間こそが、割り切りの醍醐味と言えよう。特に40代の熟女との交流は会話も楽しめるのでオススメです。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional